NPO法人かながわ山岳ガイド協会概要
設立趣意書、定款、役員名簿
設立趣意書

平成15年4月に施行された自然公園法の改正を見据え、社団法人日本山岳ガイド協会(以下ガイド協会)が統合され、早5年が過ぎようとしています。その間、ガイド協会では、ガイド資格制度の確立を行い新たな山岳ガイド・自然ガイドを検定試験の元に認定し、また環境省自然公園指導員の拡充など自然環境保全活動の成果を着実に結んできました。ガイド協会にとって、次の課題として求められているものが、ガイド組織の強化です。これは、全国の各地域、地方にそれぞれ適切なガイド組織を求められているという社会的状況の変化があります。地域レベル、県レベルのガイド組織の拡充の必要性が問われています。その理由は環境保全の推進とともに、自然公園の適切な利用の指導者として山岳ガイド・自然ガイドの組織能力を地域から要求されていることにあります。こうした動きに応えるべく、ガイド協会においても、県レベルでの組織設立が急務となってきています。
 神奈川県においても丹沢をはじめとした山岳地域では、著しい自然環境の崩壊に対して何らかの措置を講ずる動きが起こっています。こうした中、自然公園、山岳地域の適正な利用を目指す山岳ガイド・自然ガイドの役割は増してきています。これが「かながわ山岳ガイド協会」設立における前提となっています。
 神奈川県に位置する丹沢山塊は、首都圏の多くの登山愛好家に親しまれ、首都圏岳人のランドマークといっても過言ではありません。こうした地理的条件を加味した名前をもって、「かながわ山岳ガイド協会」を設立、首都圏に在籍する山岳ガイド、自然ガイドおよび自然に関心を持つ県民、国民に広く参加を呼びかけ、神奈川県に活動の中心軸を置いた山岳、自然ガイド組織としたい所存です。
 この組織は、登山の安全と自然の保護に関する教育指導者(山岳ガイド、自然ガイド)の育成に関する事業、自然災害における救難救援活動を支援し、神奈川及びわが国における安全登山の普及・発展に寄与し、自然公園の管理・維持の機能を高め、自然環境保全活動の推進を図ることを目的とします。

平成19年4月2日
法人の名称  特定非営利活動法人 かながわ山岳ガイド協会
設立代表者  武川 俊二


沿革
平成18年3月1日
      
日本アルパインガイド協会より14人が退会してかながわ山岳ガイド協会を設立した。
       4月1日 社団法人日本山岳ガイド協会に加盟。
平成19年2月13日 NPO法人設立総会を開く。
      4月17日 神奈川県にNPO法人申請。会員数24名となる。
      7月12日 NPO法人設立登記。



公開資料   定款 PDFファイル      役員名簿 PDFファイル

 

メールはこちらへ

トップページへ